見附市の写真スタジオ。百日記念撮影、お宮参り、七五三、卒業アルバムはお任せください。

 

 
 
 
 

七 五 三

撮影料金(撮影基本料無料)
クリックで画像表示

撮影料金(撮影基本料無料)

【台紙写真】
8切・・・5,500円(税別)
6切・・・6,500円(税別)
4切・・・8,000円(税別)

見附市子育て応援カードのご提示で、お写真代10%OFF!

【デザインフォト】
2面・・・23,000円(税別) 3ポーズ

3面・・・35,000円(税別) 5ポーズ ※使用画像データ付

 

4大特典
①衣装代 無料!(撮影に関してのみ)
②着付け 無料!
③もれなく千歳飴をプレゼント!
④10,000円以上お買い上げのお客様・・・手札判プリント1枚プレゼント!
20,000円以上お買い上げのお客様・・・手札判プリント2枚プレゼント!
30,000円以上お買い上げのお客様・・・手札判プリント5枚プレゼント もしくは お買い上げ写真のデータCDプレゼント! 

【おでかけ衣装レンタル】
おひとり様6,000(税別)~で、当店の衣装のまま神社へお出かけしていただくことが可能です。七五三衣装はこちら←

まずはお電話でご予約ください。

お得なセットコース
クリックで画像表示

お得なセットコース

ご両家のおじいちゃんおばあちゃんへのお写真もセットにしました。
【48,000円コースセット内容】
・デザインフォト3面1冊
・6切台紙付写真2枚2冊
・データCD(お買い上げ写真)
・おでかけ着物レンタル


【35,000円コースセット内容】
・デザインフォト2面1冊
・キャビネ額入り写真1枚
・データCD(お買い上げ写真)
・おでかけ着物レンタル

※両セットコースには、見附市子育て応援カード割引はご利用いただけませんのでご注意ください。

♪七五三のお祝いについて♪
クリックで画像表示

♪七五三のお祝いについて♪

七五三(しちごさん)とは、7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う日本の年中行事です。天和元年11月15日(1681年12月24日)に館林城主である徳川徳松(江戸幕府第5代将軍である徳川綱吉の長男)の健康を祈って始まったとされています。

Q,七五三の由来は本当のところ、どんなことなの?
乳幼児の死亡率が高かった昔は七歳までの子供は神の子とされ七歳になって初めて社会の一員として認められました。下記の儀式が、明治時代になって現代の七五三として定着しました。
三歳の男女 髪をのばしはじめる「髪置き」
五歳の男子 はじめてはかまをつける「袴着(はかまぎ)」
七歳の女子 帯をつかいはじめる「帯解き」

Q,七五三の祝い方は?
子どもが無事に成長したことをお祝いする家庭行事のひとつですので、お祝いする気持ちがなにより大切。一般的には、家族で写真撮影、神社で参拝、そして家族で食事するスタイルが多いですが、いくらかけるかは、それぞれのご家庭の考え方でいいのではないでしょうか。有名神社までわざわざ出かけなくても、近くの神社でいいのです。家族そろってお食事会などして、子どもの成長をお祝いしてあげましょう。

Q,七五三をする時期は?
いつからいつまでと決まっていません。11月15日にお祝いするのは、日の吉凶を占う方式の一つに二十八宿(にじゅうはっしゅく)というのがあり、その二十八宿のうちで最良の吉日とされたのが「鬼宿日(きじゅくにち)」であること。また霜月祭りの日(家業に関係深い神々を祭る日)などいろいろ説があるようです。最近は11月15日にこだわらず、10月から11月の休日など、ご家族が揃うのに都合の良い日に行われています。
 

以上 All About より一部抜粋

 
 
初心者ホームページ作成